人のいない美ら海水族館へ/ダイエットチャレンジ266日目

ダイエット

あらためまして、ゆきです。当ブログをお読みいただきありがとうございます。

唐突ですが今日は家族たっての希望で美ら海水族館へ行ってまいりました。平日&コロナの影響で美ら海水族館も人がまばらです。久しぶりにゆっくり水族館を堪能できました。

結構歩いたりもしたのですが、天気も良く、でも寒さもあり、歩くにも適した1日でした。

当然、写真も撮影してきているのでブログの最後で紹介したいと思います。

それでは2021年1月18日のダイエット記録を紹介します。

今朝の体重

今朝の体重は88.2㎏でした。昨日夜の体重は89.5㎏でしたので、昨日夜からは-1.3㎏以上の大減量となりました。

  • 体重     88.2㎏     前日より+0.5㎏
  • 体脂肪率   33.6%     前日より+0.1%
  • 内臓脂肪   15.0レベル   前日より+0.5レベル
  • 筋肉量    55.5㎏     前日より+0.2㎏
  • 体内年齢   49歳      変わらず
  • 推定骨量   3.0㎏      変わらず
  • BMI     30.5      前日より+0.2
  • 体型判定   かた太り型
体重計
体重計

毎日同じ時間、同じ状態で測定しましょう。

ゆき
ゆき

プチ断食を始めてから、朝11:00に測定したりと時間が不規則になりがちだったので気をつけたいところです。

以上の結果となりました。

見事なまでにすべての数値が増えていました。

変更幅はさほど大きくありませんが、体脂肪率も増えています。やはり昨日の手巻き寿司食べまくりが効いているのでしょう。

今日は外出になるので、おそらく外食が多くなりそうですが、食べる量などは気をつけていきたいです。

食事と過ごし方

昼食と夕食の食事メニューと食事時間、それぞれの時間帯の過ごし方を紹介します。

昨日は1:30就寝、今朝は9:00起床となりました。睡眠時間は7~8時間とれているのですが、まだ睡眠時間が遅めです。

今日は美ら海水族館、もとい、海洋博公園をたくさん歩いていますが、それ以外はほぼ車の運転でした。活動量はあまり稼げていないかもしれません。

午前中の過ごし方

9:00に起床しましたが、すぐに洗面、着替えをして9:30頃には出発しています。本日の目的地は本部半島になります。

途中親戚宅へ寄ったりしながら北上しています。

昼食と午後の過ごし方

昼食はタコライスをいただいています。食事時間は11:30頃です。食事場所は本部の備瀬のフクギ並木のところにある食堂です。たしかフクギ屋という名前だったような・・・。うれしいミニ沖縄そば付き。おそばはカツオだしの香りが漂っており上品な味でした。

本部はもともとかまぼこ屋が多かったり、カツオの水揚げ量が多かったりと沖縄そばを作る条件が整っていたとのこと。その名残か、沖縄そば屋がたくさんあります。

「沖縄そば街道」と呼ばれる県道84号線には名店や地元の方が利用する場所も多いので、おいしい沖縄そばを探すにはもってこいの場所だと思います(*’ω’*)

店内にはこんな作品も。沖縄そばを表現しているものですが、なんとこれ、サンゴの骨や貝殻などで作られています。

食後は海洋博公園へ。そこで歩数6千歩ほど歩いています。

その後は八重岳→道の駅おおぎみ→又吉コーヒーと名護周辺を心行くまで楽しんでいました。

先ほどもお伝えしたように、平日&コロナの影響で人も少なく、ゆっくりできました。

夕食と夜の過ごし方

夕食は帰宅が遅くなったので、かえりにすき屋で牛丼をお持ち帰りしました。私はネギたま牛丼の並を。

食後はウォーキングに出かけています。とは言っても、がっつり歩くというより、終日運転していたので体をほぐす程度です。時間は50分ほど。ペースは極めてゆっくりです。今日の合計歩数は1万歩ほどです。

今日のおやつ

今日はケーキを食べています。

メロンソーダまで飲みました。あとは車の中でゴマ菓子やグミをちょくちょく食べています。

ただ、ずっと運転していたというのもあり、量はあまり食べていません。

夜の体重

夜の体重は88.5㎏でした。朝の体重から+0.3㎏程です。昼、夜のご飯が外食でしたが、量を抑えていたのが良かったのでしょうか。十分すぎるほど許容範囲かと思います。

ひとまずこれで後は明日朝どこまで下がっているかというところを注意すればよいかと思います。

運動らしい運動はしていなかったのですが、思いのほか下がっていてよかったです。

タニタ BC-765-WH 体組成計 ホワイト 体重計

価格:4,120円
(2021/1/18 22:24時点)
感想(139件)

今日撮影した写真

最後に今日撮影した写真を紹介します。

撮影機材はPENTAXのフルサイズカメラk-1です。JPEGの撮って出しです。

PENTAX ペンタックス K-1 Mark II 28-105WRキット

価格:287,454円
(2021/1/18 22:25時点)
感想(0件)

食堂の近くにいた猫。とても人懐こくてかわいいやつです。

食事を終えて出てくると、人の車の上でくつろいでおりました。あたたかいもんね・・・。申し訳ないですが抱き上げておろしました。

姉とフクギ並木。少しかすんでいますが、並木道の向こう側には伊江島たっちゅーが。

海洋博公園に場所を移して伊江島を撮影。空と海の青が絶品。

しつこく撮影。画面の3分の2を青色が占める世界。

美ら海水族館にて。ひとで。残念ながらコロナの影響で触れない。その他、画面をタッチしたりなどのサービスは現在停止している模様。

鮮やかな青の魚。

揺れる水面に魚。

危険な魚、ゴンズイ。毒針を持っているらしいです。小学生の頃なぜか「危険な海の生き物」にハマりまくってこの魚をめっちゃ調べていました。あの情熱は何だったんでしょうか。

オニダルマオコゼ。ほぼ岩です。これはわからない・・・。ちなみにこいつを踏みつけると、強靭な毒針で刺されるらしいです。毒針はビーチサンダルくらいの厚さならやすやすと貫通させるらしいです。

えび。いまだからこそ「おいしそう」とか言えるけど、はじめにこれを食べた人は中々の根性だと思います。

なんかこの二匹セットで泳いでいました。仲良いです。

深い青の世界。揺らめく水面の感じが素敵です。

みずくらげ。これは美しい。

みんなの人気者、チンアナゴ。砂からにょきっと顔を出した姿がかわいらしいです。

タツノオトシゴ。この名前を考えた人のネーミングセンスときたら。

話題になったでっかい水槽。厚さ60㎝ほど。ジンベエザメが悠々と泳ぎます。

この水族館、どんどん下っていくつくりなのですが、浅瀬の生き物→サンゴの海→黒潮→深海・・・と下に行くにつれ海の深い部分を展示しています。このつくりかた好きです。

サメ。

下から巨大水槽を見上げることができます。頭上をジンベエザメが通っていくのは筆舌に尽くしがたいです。

ソーシャルディスタンスのご時世ですが、下手したら隣の人より近くにジンベエザメが来てくれることも。

シャッター切るチャンスミスりました。

深海に潜むサンゴ。

美ら海水族館が発見した生き物や、樹立した記録がパネルで展示されています。

出口脇に海でなく水辺の生物のコーナーもありました。

マナティーを見に行きました。美ら海水族館は有料ですが、マナティー、ウミガメ、イルカなどは無料で見ることができます。

悠々と泳ぐウミガメ。でかい。

イルカは来る日のために芸をトレーニング中でした。

美ら海水族館全体像。

場所を移して八重岳。日本で一番最初に桜の咲く県、沖縄。1月後半~2月中頃にかけて県内に寒緋桜が咲きます。沖縄は北から南に桜前線が移動します。

ちなみに八重岳はいまだ2分咲きとのこと。

今日は晴れてくれてよかったです。青空に映える桜の花がきれいです。

最後には道の駅おおぎみ。猫のかんちゃんに会いに行きました。うちにも猫が2匹いるというのに・・・。

写真は以上です。気温はまだ寒いのですが、天気は少しずつ回復傾向です。今年はどんな景色に出会えるのか楽しみです(*’ω’*)

その前に仕事に出会わなければいけませんけどね( ;∀;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました